第八の条件:良好な人間関係

第八の条件:良好な人間関係

第八の条件とは

お金を稼ぐ方法<第8の条件>

良好な人間関係(その数と質)
お金の本質は、「流れ」です。お金は価値の指標であって、お金そのものには、本来的には価値はありません。 つまり、お金は、日本で言えば、紙でできており、(あるいは、1円はアルミニウム、10円は銅、100円、500円は・・・と)そのものに価値があるわけではありません。
ただ、価値の指標としてあらゆるものとの交換性が高いということができます。
つまり、価値のあるもの、たとえば、宝石をもっていたとしても、スーパーで大根は買うことができませんが、100円玉を持っていけば、大根が買えます。
すなわち、交換が容易だということです。
先ほどの宝石も質屋や、宝石店でお金に換金してもらえば、スーパーで大根を買うことができます。
つまり、お金は、交換の手段なのです。

お金を稼ぐってそもそもどういうこと?

そう考えると、お金を稼ぐということはどういうことでしょうか?
何か価値を提供する代わりに、対価としてお金を頂く行為ということができえると思います。
そして、それは、必ず、「誰か」から頂きます。
猫や犬や、石や水ではないはずです。
必ず、誰か、がお金をくれます。そして、あなたは、必ず誰かにお金を支払います(=消費)。
そうなんです。
いつも、お金は、人と人の間を行き来する流れなのです。
つまり、その流れを作り、入ってくる量(稼ぐ)と、出て行く量(使う)を調整することが富を築くということになります。
方法は無限にあります。
ただし、注目して頂きたいのは、常に流れは、人と人とのつながりで進んでいくということです。
ひとりでに進むことはできません。
もちろん、インターネットを活用して、一人で稼ぐことだってできえるでしょう。
でも、インターネットの先には、人が必ず介在するということです。
だから、人に喜びを与えることが決定的に重要になってきます。
人に何かしらのメリットを提供しないで、稼ぐことができた人はいません。
少なくとも永続的に稼ぎ続けるためには、必須になってきます。
第一の条件であげた、自分を愛するのと同じように他人を愛しましょう。
そして、自分の個性としての才能を駆使して、他者に価値を提供しましょう。
それが、稼ぐということです。

トップへ戻る